マリキ政権は、米軍撤退以後もアブグレイブ刑務所での人権侵害、虐待行為を?続けて



アブグレイブ刑務所における捕虜虐待は2004年にアブグレイブ刑務所で発覚した
イラク戦争における大規模な虐待事件である。
米国国防省は、17人の軍人及び職員を解任した。
2004年5月から2005年9月までの間に、
7人の軍人が軍法会議で有罪となった。

2012年6月、SANAテレビはアブグレイブ刑務所の前に集まった家族たちを取材し?ました。
バグダッド近郊にあるこの刑務所では、
イラク占領中に米軍が何千人ものイラク市民を捕?虜として投獄し、
暴行、虐待、電気ショックや性的拷問、殺害など、身の毛もよだつよう?な虐待行為を繰り返しました。
ところが、マリキ政権は、米軍撤退以後もアブグレイブ刑務所での人権侵害、虐待行為を?続けて

アブグレイブ刑務所の虐待は続いていた
下記のYOUTUBE動画をご覧ください


下記サイトもよろしくね
再審請求いざ鎌倉

再審請求いざ鎌倉



Designed by CSS.Design Sample